スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いいわけ

何か新しい事を始めたいなと、時々思う。時間がないとかお金がないとか他にもやることがあるだとか、言い訳はいくらでも浮かんでくるんだけどね。

でも、今の時代、ネットというもので比較的お手軽に世界を広げることが出来ると思うんです。奥行きはあんまりなくて横にだだっ広い世界ですけども、そこにある無数の扉は、最初の一歩としては十分ですし。

まあだから結局は、気力が足んねぇよって話なんだろうなー。


昔はチェスとか憧れてたんですよ、チェス。いやね、なんかカッコよくないです? 「チェス強いです」って。当時の僕は推理小説にハマってたので、シャーロック・ホームズの影響が多分にあったことは間違いないと思います。

あと、紅茶ね。これもスタートはホームズものですけど、今でもドリンクバーではコーヒーよりも紅茶を飲んでます。前にドトールで紅茶を注文した時にはちょっと「あっ」と思いましたけど、まあ、メニューにあるものですし、ええ。

最近ちょっと気になってるのは、絵です。絵。イラストチックな絵もいいんですけど、油絵なんかを書けたらいいなーって。ミレー展行った影響かな。

あ、いややっぱり色鉛筆とかでもいいや。絵を書けるようになりたい。

絵って、僕の中で敷居が高いものなんですよね。たぶん、練習ゼロではそこそこのものすら出来上がらないからだと思うんですけども、んー。

曲もそうですし文章にしてもそうですし写真でも絵でも俳句だろうとなんでもいいんですけど、あらゆる創作物って、自分が好きにならなくちゃ始まらないじゃないですか。

だから、自惚れて言うわけじゃないですけど、僕は自分で作った曲を聴いて「好きだなぁ」と思うんです。表現しきれてないところが有りこそすれ。絵の場合、そもそもそこまでいけないから続ける気力がわかないんだろなぁ。

即戦力を求めてるって、そんな企業はバカにしてたはずなんだけども。

あ、あと乗馬もやってみたいです。銀の匙の影響ですね、我ながらわかりやすい。

そうそう、ジグソーパズルもやりたいんですよ。完成品をどうするかっていう問題はありますけど。

「ジグソーパズルくらい買えばいいじゃん」って思われる方もたくさんいると思うんですが、ほんとその通りですよね。やりたけりゃ買えよ、僕。


とりあえずは、4/30〜5/2の期間で、リトルカブで旅に出たいなぁと思います。どこかおすすめの場所とか無いですかね? 言ってるだけで終わるかもしれませんけど。

遠すぎる場所は無理にしたって四国くらい出たいんだけど厳しいかなぁ。どうだろ。雨が降らなきゃいいんだけど。

最近休みの日は、ほぼ毎回天気が悪いんですよね。

雨が降っちゃうとなー。どうしても、動く気力がなくなっちゃうからなー。

……また言い訳が浮かんでる。どうしたもんかねぇ。

スポンサーサイト

サイトの改装をしたりしました

そういうわけで、ホームページの方を改装しました。

今までのシンプルな感じのままでも良かったんですけど、なんというか、ちょっと、飽きてきていたので。(ちなみに、トップページのURLに/past/index.htmlを付け足すと、前のページが見れます。現時点では)

パソコンで見ることを想定して作ってたんですけど、今の時代、パソコンでネットサーフィンをしている人たちってどれくらいいるんだろうね。僕自身、スマホですることのほうが圧倒的に多いもんなー。

そのうち、スマホ用サイトも作ってみたいなーと思ってます。すっごいシンプルに。


外観はちょっと変わりましたけど、やることは変わらないと思うので、今後ともよろしくお願いします。

夜川でした。

ミレー展

「ツイログ」という、過去のツイートを日付別にまとめて保存してくれるサービスがあるんですよ。たまにそこで自分のツイートを見返していると、文字に残すことって大切だなぁと思うんです。

ということで、いまからこの前行ってきたミレー展の感想書きます。

……強引な導入だなぁ。

 * * *

さて。この前ミレー展に行ってきたわけですけども、そもそも僕は、絵画について詳しいわけでもなく。ライブに参戦するために訪れた県外で、たまーに美術館に入るくらいの関わり方しかしてないんです。

それでもその時に訪れる美術館は割りと楽しくて、「僕って芸術とか好きな人間なんじゃん?」なんて思ってみたりもしてたんですけど、だったら高知でも行かなきゃ嘘だろうと。なんやよくわかんねーけどとりあえず嫌いじゃないんだから行ってみようやってみようと。

そういう思惑というか考えもあって、リトルカブを走らせ、高知県立美術館へと向かいました。

ぶっちゃけると、この「リトルカブ」という交通手段を手に入れたことも大きいです。いえね、なんせ高知って交通の便が非常に悪いんですよ。うちから自転車で行こうと思うと、結構時間がかかっちゃうんだよね。あと、単純にリトルカブを乗り回したかったってのもある。

そんなわけで、リトルカブに乗って乗せられ美術館に到着、チケットを買います。館内二階に第一展示室・第二展示室とあるようで、まずは、第一展示室へと向かうように言われました。

チケットをもぎってもらって中に入ると、まず出迎えてくれたのはミレーの自画像。絵の隣の解説に、確か、生涯で四作くらい自画像を描いたって書いてたような記憶があるんだけど、この自画像はいつのものだったかな。覚えてないや。


さてこのミレー展。いま言った自画像やミレーの紹介が書かれたパネルが飾られているイントロダクションを含めて、いくつかのゾーンにわかれているようで。次のゾーンは、なんとかの森(調べてみたらフォンテーヌブローの森だった)ゾーンでした。

この森はすごくきれいなところらしくて、多くの画家たちが愛し、作品のモチーフに選んだ土地だそうです。このゾーンには、それらの、いろんな画家たちの作品が展示されているようです。

この時点で僕は「あ、ミレー展ってミレーだけじゃないんだ」と思いました。この辺りからも、僕の不慣れさというか、そういうものがわかると思います。

このゾーンには、ミレーの作品はほとんどなかったような記憶があります。ほんとにミレー展なのか。

でも僕は、このゾーンに展示されていた……なんて言ったかなぁ。ペドラーニュだとかなんかそんな感じの名前の人の作品があったんですけど、それがすごく気に入りました。祭りに向かう人達? だっけか? あの辺の絵の人。

この朧げな感想、どうにも読んでくれてる人たちには「夜川は退屈していたんじゃないか」みたいな疑念を抱かせそうですけど、僕、楽しんでますし、ほんとにそのナントカさんの作品は好きだったんですよ。ただ、名前を覚えるのが苦手なだけで。

ただ、ひとつだけ。ひとつだけ、はっきりと覚えている作品があります。作者は別の人なんですけど、「花を編む若い娘」という作品です。

この作品がねー、ほんと好きでして。

遠くには城のような建物が小さくあり、その手前では、煙が巻くように少し退廃的な雰囲気の中に景色がぼやけていて、中心の最前には、不思議な存在感を放つ女が立って、花を編んでいる。

不思議な存在感っていうのを、どうやって言葉にしたらいいだろう。イメージとしては、お土産屋さんなんかでよく見る、レーザーで立方体のクリスタルの中に白く形を浮かび上がらせてるものがあるじゃないですか。あれに近い感じです。この説明でわかるかな……。

空間に浮き上がるような、不思議な浮遊感のある、あれです。わからなかったら本物見てください! 名古屋でもミレー展やるらしいですし、たぶん、ボストンなら常展です!

正直言うと、ミレーの作品よりも、この絵のほうが気に入っちゃいまして。

しばらくぼんやり眺めてました。


さて。

第一展示室を20分程度で見終わりまして(高知だから狭いんです)、第二展示室へ。

こちらには、やっとミレーの作品がありました。チケットにも使われている「種をまく人」なんかが有名ですね。

ミレーが出てきた時代って、絵画といえば神話なんかをモチーフにしたものがほとんどで、農民の生活を描くなんてのは、非常に珍しいことだったそうです。

ミレーの作品は「写実主義」と呼ばれるものらしいんですが、僕が作品を見て最初に思ったのは、「人形みたいな質感だな」ということです。なんていうんだろ。陶器の置物にフェルトを貼り付けたような? そういう印象でした。

あと、なんとなく、農民たちに影が入っている作品が多いなって。含みがあるのかなぁ。

けど、全部が全部そうというわけでもなく、ものによっては、全く違うタッチだなって。なんていう作品だったかなー。牛に水を飲ませる農婦の絵があったんですけど、あれは、んー……。淡い……、儚げ……、とも違うんですけど、全く別のものに感じました。語彙がほしい。

ちなみにその牛に水を飲ませる農婦の絵、最初のバージョンと後年同じ構図で書き直したバージョンの2パターンあったんですけど、僕は、後者の「黄昏」とつけられた作品の方が好きでした。ミレーの中で一番気に入ったかも。

あと、第二展示室でいうと、別離の前日……だったかな。これもミレーじゃないんですけど、夫を埋葬する前日、嘆き悲しむ妻と、それに寄る子供の絵が印象に残りました。


第二展示室を見終わったあと、最後にもう一度第一展示室に行って、花を編む若い娘の絵のもとへ。しばらく椅子に座って、眺めていました。

実はこの日は次の予定が控えていたので、早めに切り上げ。美術館内のショップで「花を編む若い娘」のポストカードを買って、その場を後にしました(2万円くらいで花を〜の絵が売っていたので、買おうか悩んだというのはヒミツ)。

 * * *

感想って言いながら日記みたいになっちゃったので、最後に簡単に総括を。

やっぱり、行ってみてよかったです! ライブでもそうだけど、悩んだら行くに限るね! このミレー展が終わったら高知の特集? みたいなイベントをやるみたいですし、それも行ってみたいなぁ。

あと、やっぱり聖書は読んでみたいなと思いました。今回は少ない方だったんですけど、海外の芸術作品と聖書って、やっぱり切り離せないものみたいなんで。ミレーですら、聖書をモチーフにした作品を残してるからね。何も知らずに見てもいいものはいいんだけど、やっぱり、知るとより面白いだろうから。


さあ、次はどこに行こうかな! 高知の吾川スカイパークってところでスカイダイビング? パラグライダー? どっちか忘れたんですけど、まあ、あれ系のスポーツが出来るみたいなんで、行ってみたいんですよねー。……遠いんだよなぁ。

なんにせよ、お天気が良くなってからですね。


新曲「ゆめのあと」up

まさかの3作目のお知らせです。

 ゆめのあと
  
 →http://www.nicovideo.jp/watch/sm23234269

前作の「密林」は3年くらい前からある曲だってことをさっきの記事に書きましたが、こちらは、できたてホヤホヤ密林投稿後から作り始めてなんとかかんとか書き上げた曲です。

同日に投稿してるのにこの極端さよ。

いえね、先ほどの「密林」を投稿する前にテト曲の動画にはどんなタグがついてるのか調べてみようとニコ動で検索していたんですよ。そしたらなんとテトさんの誕生日、4/1だっていうじゃないですか。

こうなりゃ誕生祭に便乗じゃい! と思ったんですけども、密林って、ちょっと暗めというか怪しげな曲なんですよ。誕生日にそれってどうよ? と思っちゃいまして……。(いま動画見たら、どなたかがタグをつけてくださってました。ありがとう!)

そこで急遽作り始めたのが、この曲でした。

どう考えても投稿は夜になると思ったので、ギター1本で歌える、短めの子守唄みたいな曲にしたいなと思いながら書きました。誕生祭おつかれさま、みたいな。

そんなわけで当初の予定とはちょっと違った歌詞になったんですけども、まあ、これはこれでありかなって。

また、追記に歌詞を載せておきます。

この曲は、ひょっとしたら、将来的にリメイクするかも。

続きを読む

新曲「密林」up

ということで、2作目です。

 密林
  
 →http://www.nicovideo.jp/watch/sm23228998

実を言うとこの曲、原型は……いつだったかな。確か、3年前には出来てたと思います。

コードなんかに細かい違いはあるものの、歌詞なんか、ほぼ当時のままです。どんだけ寝かせてたんだって話だよね。

お蔵入りにせずに済んでよかったです。

※追記に歌詞をしまっておきます


 * * *

続きを読む

一夜明けて二日目の深夜

3月30日福岡にて、LEMF1999ツアーが無事に終了しいたしました。無事にって言っても、後半ちょっと危ういところもあったけどね。主にパンツとか、パンツとか。

しかしパンツはともかく、すっごくいいツアーでした! 本当に、人生で(って言ってもそれほど多くのライブに参戦してるわけじゃないけど)最高のライブでした!

もうちょっと詳しく丁寧に感想を書きたいんだけど、いかんせん昔から感想文というものが苦手でして。その大役は、もうちょっと体力のある僕に譲ろうと思います。

福岡2日めのこともいろいろ書きたいな。でもそれも結構な長文になりそうな予感があるので、次の機会に。

「旅行」みたいな名前のカテゴリを作って、今まで行った場所のことなんかも、おいおい書いていこうかと思います。行った順番や時期なんかは何も気にせず、書きたくなったことを書きたくなった順番で。

さて。

僕は今日から日常へと戻っていったわけなんですけども、それが意外にすんなり溶け込めちゃって。いま抱いている感情たち全部を道連れにするのはちょっと切ないので、いくつかを、脈絡なくとどめておこうと思います。


と言っても、さっきも言った通り、感想文みたいなものって苦手なんですよね。僕にしてみれば「混ぜた絵の具からあなたの知っている色だけ取り出して分類してみましょう」って言われてる気分で。混ざってんのに取り出せねーよ、っていう。

だからとりあえず、端っこのほうで混ざらず残ってるやつとか、わかりやすく混ざってる色について書きます。初めの方に書いた「最高だった!」みたいな、そういうシンプルなやつを。

あ、結構に身内に向けた日記になっちゃったんで「そういうのいいや」って人は、カテゴリ一覧から雑記を選択してテキトーにお願いします。


まずひとつ、僕には言わなきゃいけないことがあります。

ごめんなさい! 心配してくれてたんですね! 次からもうちょっと早めに各種予約を取るようにします!!

ええ、高速バスのチケットとか、ホテルの話です。

僕が気楽過ぎるのか。

以後(あまりツイッターで言わないように)、気をつけます。


次! ありがとうございます!

まあさっきのもありがとうなんですけど、それ以外にも。

今回はいろんな方とお話させていただきまして。おかげで、いつも通りのぼっち参戦だったのに、ライブ以外の時間も楽しかったです!

特に2日め! あんなに仲良くなれると思わなかった!(笑)

僕、一度でいいから他の人とライブDVD見ながらわいわいしたいなーと思ってて。それがあんな形で叶って、嬉しかったです。楽しかった!

またやろーね! どこで出来るのかわからんけど!笑


なんにせよ、すっごく充実した福岡旅行でしたと。

思いのほかこの記事も時間かかっちゃったんで、そろそろ終わろっかな。寝なきゃだし。4時回ったし。

ではではまたまた。

福岡サイコー!!


……なんか僕にしちゃ、全体的にテンション高い記事だな。

プロフィール

夜川

Author:夜川
HP / Twitter / Ask.fm /
niconico / piapro / instagram

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
Twitter
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。