スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「整形・化粧・着飾ること」について

11月以来ですか、更新。

なんかもうブログ企画の時だけ更新されるブログになっちゃってる気がしますけど、いやね、最近忙しいのよ。なんだかんだで。

しっかしパソコンで文章を打つこと自体が久しぶりなんだけど、ちゃんと書けてるだろうか。

あー、あー。ただいまタイプのテスト中。タイプチェックワンツー、ワンツー。

……よし、まあ大丈夫そうですね。

そういうわけで、本日の更新もブログ企画(みんなで同じテーマでブログを書こう! って企画)です。

今回のテーマは「整形・化粧・着飾ること」。

僕、お洒落からは相当縁遠いんだけど、いいのかなぁ。

 

 * * *



整形にしろ化粧にしろ着飾ることにしろ、それをする理由というか動機というかモチベーションみたいなものは、大きく2つに分けられるんだと思います。

一つは、自らを魅力的に見せるため。

もう一つは、自らのコンプレックスを隠すため。

どちらも結局同じようなことではあるんですけど、マイナスを埋めるのかプラスを伸ばすのか、自分に自信があるのか無いのかの違いというか。(化粧には呪術的な意味合いがある場合もあると思うんですけど、まあ、そういうのは今回なしで)

さて。

現代において、多くの人は、ネット上にも活動のフィールドを持っています。

リアルだったらね、いいんですよ。化粧やなんやの方法というか、そんなんが確立されてる感はありますから。

だからみんな、ファッション雑誌を読んだり人に訊くなりして勉強して、自分好みに自分をデコレーション出来るしするわけですよね。

でもこれ、ネット上ではどうしたらいいんでしょう?

もちろんネットに自分の写真を上げてる人もいますけど、それはそれとして。

例えば、ネット上における「化粧」って何なんだろう。

整形なら、たぶんあれですよね。

「原案:自分 文:他人」みたいな。

……伝わってるのか? この喩え。

例えばですけど、このブログの文章を誰かに丸々書きなおしてもらったとしたら、それは、整形じゃないですか? そういうことです。

……んー。

自分で書いててわけがわからなくなってきたぞ。

つまり、僕が言いたいのは、街に可愛い女の子が増えるなら、化粧も整形も着飾るのも諸手を挙げて大歓迎! ってことです。

どうせ深く関わることもない人たちの事ですしね。

……あれ。じゃあ、深く関わる人に対してはどう思ってるんだろう。

例えば結婚相手(が出来るのかという問題はさておき)。

結婚相手が整形していたと知ったら、僕はどう思うのかなぁ。


…………ここで一旦書くのを中断してたんですよ。

で、今、次の日の僕が筆を受け取ったわけですが、いったいぜんたい何を書きたいんだろうか、この記事。

とりあえず、あれです。

一生に一度くらいは、特殊メイクでもして、別人になりきってみたいよねってお話。
関連記事

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜川

Author:夜川
HP / Twitter / Ask.fm /
niconico / piapro / instagram

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
Twitter
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。