スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カゲボウシ / ポルノグラフィティ

カゲボウシの感想でもつづっていこうかと。

しかしあれですね。

こんなん全部を
1枚にまとめてよかったんでしょうか?

もったいねぇ。

ではでは、
追記からどうぞ。


あくまで僕個人の感想なんで、
むちゃくちゃ言ってても怒らないでねー。
* * *

M1.カゲボウシ
昭仁さん作詞作曲。

テレビやラジオで聴いたときから思ってたんですが、
やさしい曲ですよね。

沖縄を舞台にした、
あったかいドラマのタイアップということで、
曲もあったかい感じ。

なんとなく浮かんでくる風景も、
沖縄のさわやかであたたかな自然だったりで。

これは、ドラマタイアップ、っていう
先入観のせいだけじゃないと思う。

なにも知らずに聞いても、
そういう風景を思い浮かべるんじゃないかなぁ。

さらにサウンド面での話になるんですけど、
個人的には、ギターが目立ってるのがうれしい。

晴一のアコギがねぇ……。
またあったかいんよねぇ……。

昭仁の歌い方も、
すっごいやさしくて。

ありきたりな表現しか出てこないのが悔しいですけど、
そう思いました。

名曲だと思います。

「この胸を、愛を射よ」を昭仁が書くとこうなるのかな、
って思ってみたりもした。


M2.やがて哀しきロックンロール
晴一さん作詞作曲。

このシングルの中で、
唯一のアッパーチューン。

編曲は、前々々回のシングル……ってもうそんな前なのか、
まあ、そのワンモアタイムも手がけた田中ユウスケさんだそうで。

そう言われてみると、
なるほどなーって感じ。

どことなくデジデジした感じとか。

とは言え、作詞者も作曲者も歌詞も曲も違うわけで、
当然、別物に仕上がっております。

「涙も実にきれいね 思い出はまた飾られる」だとか、
散りばめられた皮肉が“晴一”って感じ。

「夢」と書いて「きみ」と呼ばすセンスに脱帽ですよ。

あとこれ、普通に読んでるとロックンロールを志す少年の歌なんだけど、
ところどころに性的な言葉が置かれてるのが面白いですよね。

「たたせる」「いけない本」「滾らせる」「繋がりたい」とかなんとか。

曲もかっけぇし、
ライブで聴きたいなー。

絶対盛り上がる。

しっかし、
さっきまでカゲボウシ歌ってた人と同一人物に思えないぜ、
昭仁さん。


M3.ルーズ
作詞作曲晴一さんで、編曲も同じく田中ユウスケさん。

……なんだけども、
「やがて哀しきロックンロール」とは全く違うんですよ。

何このふり幅びっくりするわ。

まあ、ルーズもやがて哀しきロックンロールも、
田中さんひとりで編曲したわけじゃないみたいだけど、
それにしたってですよ。

さすがポルノ。
このふり幅も魅力のひとつだよなー。

で、肝心の曲の内容なんですけども……。

僕、この曲、
今回のシングルで1番好きかもしれない。

まずね! 歌詞!

この曲の歌詞、
特にラスト4行がね!!

もう、本当に僕のツボというかなんというか、
比喩が巧みで綺麗な日本語……。

「歪んで捻れ 混ざって溶けてゆく」ってとこ、
曲と相まって畳み掛けてくるような印象になってて、
そのおかげでこの言葉の魅力が何倍にも引き出されてて……。

もちろん、
昭仁さんの歌い方もあってこそなんだよなぁ。

これまた全くの別人ですよ。

音のほうの話ですと、
サビ前に入るギターのカッティングっていうんでしたっけ?
あの音がね!

あれね!
毎回受ける印象が違うんですよ!

あと、2番サビ前の
ギターの悲鳴みたいな音ね。

サビ周辺の話ばっかりしてますけど、
もちろんそれ以外も好きですよ。

いやこれ普通にシングルで出しとけよ
って思うくらい。

これまた
ライブで聴けるだろうことが楽しみ。

しかしなぁ……。

カップリングってことは、
いずれ出るだろうベストに収録されないんだよな……。

もったいねぇぜ。

* * *

今回久々に新曲が3作入ってて、
かつそのどれもがハイレベルというね。

ええ。

特に「ルーズ」は、
ホントにツボなんだよなぁ……。

いずれ単独で記事を書くかもしれない。

……みたいなことを僕が言って、
実行された例はないんですけどね。

まあ、ともかく。

各誌のインタビュー記事によると、
晴一さんはすでに2曲ほどストックがあるみたいだし、
昭仁さんも新しく作ってるだろうし、
今後のポルノがより一層楽しみ!

今のツアー終わったら、結構間をおかずに、
リリースラッシュとかアルバムの発表とか来るんじゃないかなぁ。

いや、
ただの願望ですけども。

んー、何を言ったらいいのか
わからなくなってきた。

とりあえずあれだ!
ポルノ大好き!
ありがとう!


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

夜川

Author:夜川
HP / Twitter / Ask.fm /
niconico / piapro / instagram

最新記事
検索フォーム
カテゴリ
Twitter
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。